第5課 X Window System のインストールに挑戦!

※この課は実りがありません。さっさと X をビルドしたい人は、第7課 続々 X Window System のインストールに挑戦! に飛んで下さい。

GUI 環境に必須の X Window System. 大物です! すんなりとはいかないでしょう! そういえば “Y Window System” というのが絶賛開発中だった気がするけど、頓挫しちゃったのかな?ともあれ勝負勝負!

X.org の公式サイトから日本国内のミラーを探し出して X Window System のソースコードをゲットしましょう! そういえば昔、XFree86 と xorg の2つのパッケージが併存してた気がします。内輪揉めってやつ?

dojomaster@slackware:~$ cd pkg
dojomaster@slackware:~/pkg$ wget ftp://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/X11/x.org/X11R7.6/src/everything/xorg-server-1.9.3.tar.bz2
(中略)
2012-02-21 02:19:34 (144 KB/s) - "xorg-server-1.9.3.tar.bz2" saved [5287061/5287061]

dojomaster@slackware:~/src$ cd ../src/
dojomaster@slackware:~/src$ tar xvjf ../pkg/xorg-server-1.9.3.tar.bz2
dojomaster@slackware:~/src$ cd xorg-server-1.9.3/
dojomaster@slackware:~/src$ ./configure
(中略)
checking for PIXMAN... no
configure: error: Package requirements (pixman-1 >= 0.15.20) were not met:

No package 'pixman-1' found

Consider adjusting the PKG_CONFIG_PATH environment variable if you
installed software in a non-standard prefix.

Alternatively, you may set the environment variables PIXMAN_CFLAGS
and PIXMAN_LIBS to avoid the need to call pkg-config.
See the pkg-config man page for more details.

パッケージが色々あってどれをダウンロードすればいいのか分からない! ドキュメントにもどうやってコンパイルすればいいのか書いてないし (;_;) とりあえずそれっぽい名前の xorg-server をダウンロードしてみました。

が、ここで依存関係の登場です! ‘pixman が見付からない’ らしいです。迅速に解決しよう。

dojomaster@slackware:~/src/xorg-server-1.9.3$ cd ~/pkg
dojomaster@slackware:~/pkg$ wget http://cgit.freedesktop.org/pixman/snapshot/pixman-0.24.4.tar.gz
(中略)
2012-02-21 02:33:42 (275 KB/s) - "pixman-0.24.4.tar.gz" saved [268803]

dojomaster@slackware:~/pkg$ cd ../src/
dojomaster@slackware:~/pkg$ tar xvzf ../pkg/pixman-0.24.4.tar.gz
(中略)
dojomaster@slackware:~/pkg$ cd pixman-0.24.4/
dojomaster@slackware:~/src/pixman-0.24.4$ ./configure
-bash: ./configure: No such file or directory

なんと、configure がありません! おろおろ…。でも autogen.sh があるので大丈夫です。これを実行すると、Makefile.am や configure.ac を元に configure を作って実行してくれる、らしい:

dojomaster@slackware:~/src/pixman-0.24.4$ ./autogen.sh
(中略)
dojomaster@slackware:~/src/pixman-0.24.4$ make
(中略)
dojomaster@slackware:~/src/pixman-0.24.4$ sudo make install

うまくいったようです。では X に戻ろう!

dojomaster@slackware:~/src/pixman-0.24.4$ cd ../xorg-server-1.9.3/
dojomaster@slackware:~/src/xorg-server-1.9.3$ ./configure
(中略)
checking for XLIB... no
configure: error: Package requirements (x11) were not met:

No package 'x11' found

Consider adjusting the PKG_CONFIG_PATH environment variable if you
installed software in a non-standard prefix.

Alternatively, you may set the environment variables XLIB_CFLAGS
and XLIB_LIBS to avoid the need to call pkg-config.
See the pkg-config man page for more details.

今度は ‘x11’ が見付からないって…。今それをインストールしようとしているつもりなんですが…。

ともあれ、パッケージの一覧を ‘x11′ で検索すると、’libX11-1.4.0.tar.bz2‘ という、これがなきゃ始まんないよ、みたいなオーラを放つ名称のファイルがあります。じゃあこいつが次の生贄だ:

dojomaster@slackware:~/pkg$ wget ftp://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/X11/x.org/X11R7.6/src/everything/libX11-1.4.0.tar.bz2
dojomaster@slackware:~/pkg$ cd ../src/
dojomaster@slackware:~/src$ tar xvjf ../pkg/libX11-1.4.0.tar.bz2
(中略)
dojomaster@slackware:~/src$ cd libX11-1.4.0/
dojomaster@slackware:~/src/libX11-1.4.0$ ./configure
(中略)
checking keysym definitions... configure: error: Cannot find keysymdef.h

今度は ‘keysymdef.h’ が見付からない。じゃあ xf86-input-keyboard-1.5.0.tar.bz2 を入れればいいのか…?

dojomaster@slackware:~/src/libX11-1.4.0$ cd ~/pkg/
dojomaster@slackware:~/pkg$ wget ftp://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/X11/x.org/X1
1R7.6/src/everything/xf86-input-keyboard-1.5.0.tar.bz2
(中略)
2012-02-21 03:07:08 (586 KB/s) - "xf86-input-keyboard-1.5.0.tar.bz2" saved [301181]

dojomaster@slackware:~/pkg$ cd ../src/
dojomaster@slackware:~/src$ tar xvjf ../pkg/xf86-input-keyboard-1.5.0.tar.bz2
(中略)
dojomaster@slackware:~/src$ cd xf86-input-keyboard-1.5.0/
dojomaster@slackware:~/src/xf86-input-keyboard-1.5.0$ ./configure
(中略)
checking for XORG... configure: error: Package requirements (xorg-server >= 1.2.99.0 xproto inputproto) were not met:

No package 'xorg-server' found
No package 'xproto' found
No package 'inputproto' found

ああ、どうすればいいんだよ…。ちくしょう、ちくしょう… (;_;) 以前 Solaris 8 (x86) に XFree86 を入れた時は、もっと簡単だった気がするんだけどなー…。どうやってたんだろう。

当てずっぽうはやめて、Google に聞いてみました。見付けたのはこのページ: http://www.kkaneko.com/rinkou/cygwin/cygwinxdevel.html. そこからさらに次のページを見付けました: http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/ganshiki-soushi/0006?page=1. どうも “proto -> lib -> app and xserver -> driver -> data, doc and font” という順番でビルドしていくようです…。大変だ…。

今回はここまで! ではまた次回!

(コウヅ)



グルメ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中